16日目

全ての投稿 宅建で死守する10問

【2020】宅建攻略法|死守する10問【16日目】

2019年11月20日

この死守する10問トレーニングは、当サイトの宅建攻略法のSTEP.01~10までを読んで下さった方専用です。まだ読んでない方は⇨「宅建攻略法の目次一覧」をお読みくださいませ。

どれだけテキストを読み込んだのか・・・それが合否を分ける。

1問目|不動産鑑定評価(平成22年/問25)

不動産の鑑定評価に関する各記述を不動産鑑定評価基準に照らし合わせ、〇✕で答えよ

1.原価法は、求めた再調達原価について減価修正を行って対象物件の価格を求める手法であるが、建設費の把握が可能な建物のみに適用でき、土地には適用できない。

【答えはココをクリック】

✕-土地にも適用できる場合がある。

2.不動産の効用及び相対的稀少性並びに不動産に対する有効需要の三者に影響を与える要因を価格形成要因といい、一般的要因、地域要因及び個別的要因に分けられる。

【答えはココをクリック】

3.正常価格とは、市場性を有する不動産について、現実の社会経済情勢の下で合理的と考えられる条件を満たす市場で形成されるであろう市場価値を表示する適正な価格をいう。

【答えはココをクリック】

4.取引事例に係る取引が特殊な事情を含み、これが当該取引事例に係る価格等に影響を及ぼしているときは、適正に補正しなければならない。

【答えはココをクリック】

2問目|住宅金融支援機構(平成23年/問46)

独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する各記述に〇✕で答えよ

1.機構は、バリアフリー性、省エネルギー性、耐震性、耐久性・可変性に優れた住宅において、優良住宅取得支援制度を設けている。

【答えはココをクリック】

2.機構は、証券化支援事業(保証型)において、高齢者が自ら居住する住宅に対してバリアフリー工事又は耐震改修工事を行う場合に、債務者本人の死亡時に一括して借入金の元金を返済する制度を設けている。

【答えはココをクリック】

✕-これは証券化支援事業ではなく、直接融資業務の一つである。

3.機構は、証券化支援事業(買取型)において、民間金融機関が貸付ける長期・固定金利の住宅ローン債権を買取りの対象としている。

【答えはココをクリック】

4.機構は、経済情勢の著しい変動に伴い、住宅ローンの元利金の支払いが著しく困難となった場合に、償還期間の延長等の貸付条件の変更を行っている。

【答えはココをクリック】

3問目|不当景品表示防止法(平成23年/問47)

宅地建物取引業者が行う広告等に関する各記述を、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定に照らし合わせ、〇✕で答えよ

1.分譲宅地(50区画)の販売広告を新聞折込チラシに掲載する場合、広告スペースの関係ですべての区画の価格を表示することが困難なときは、1区画当たりの最低価格、最高価格及び最多価格帯並びにその価格帯に属する販売区画数を表示すれば足りる。

【答えはココをクリック】

2.新築分譲マンションの販売において、モデル・ルームは、不当景品類及び不当表示防止法の規制対象となる「表示」には当たらないため、実際の居室には付属しない豪華な設備や家具等を設置した場合であっても、当該家具等は実際の居室には付属しない旨を明示する必要はない。

【答えはココをクリック】

✕-モデル・ルームは不当景品類及び不当表示防止法の規制対象。

3.建売住宅の販売広告において、実際に当該物件から最寄駅まで歩いたときの所要時間が15分であれば、物件から最寄駅までの道路距離にかかわらず、広告中に「最寄駅まで徒歩15分」と表示することができる。

【答えはココをクリック】

✕-80メートルにつき1分

4.分譲住宅の販売広告において、当該物件周辺の地元住民が鉄道会社に駅の新設を要請している事実が報道されていれば、広告中に地元住民が要請している新設予定時期を明示して、新駅として表示することができる。

【答えはココをクリック】

✕-そんなワケない

4問目|土地(平成23年/問49)

土地に関する各記述に、適切、不適切で答えよ

1.住宅地としての立地条件として最も基本的な条件は、地形、地盤に関することである。

【答えはココをクリック】

適切

2.山麓部の利用に当たっては、背後の地形、地質、地盤について十分吟味する必要がある。

【答えはココをクリック】

適切

3.低地は一般に津波や地震などに対して弱く、防災的見地からは住宅地として好ましくない。

【答えはココをクリック】

適切

4.埋立地は一般に海面に対して数mの比高を持ち、干拓地より災害に対して危険である。

【答えはココをクリック】

不適切-埋立地は、あまり宅地に適していないのだが、、一般に海面に対して数mの比高があるため、海面以下または海面すれすれの干拓地よりは安全といえる。

5問目|建物(平成23年/問50)

建築物の構造に関する各記述に、適当、不適当で答えよ

1.ラーメン構造は、柱とはりを組み合わせた直方体で構成する骨組である。

【答えはココをクリック】

適当

2.トラス式構造は、細長い部材を三角形に組み合わせた構成の構造である。

【答えはココをクリック】

適当

3.アーチ式構造は、スポーツ施設のような大空間を構成するには適していない構造である。

【答えはココをクリック】

不適当-適している(ただし、アーチ構造は水平力には比較的弱い)

4.壁式構造は、柱とはりではなく、壁板により構成する構造である。

【答えはココをクリック】

適当


 

死守する10問の17日目

死守する10問の一覧

宅建攻略法の目次一覧

もへじが北九州でやっている事業

❶新築の建売りが安く買える店【㈲みどり不動産|北九州】

❷馬肉100%メンチカツのお店【馬九|北九州】

❸あなたにあったお店がココに!【チェッキュー|北九州】

-全ての投稿, 宅建で死守する10問

Copyright© もへじのお部屋 , 2019 All Rights Reserved.