19日目

全ての投稿 宅建で死守する10問

【2020】宅建攻略法|死守する10問【19日目】

2019年11月24日

この死守する10問トレーニングは、当サイトの宅建攻略法のSTEP.01~10までを読んで下さった方専用です。まだ読んでない方は⇨「宅建攻略法の目次一覧」をお読みくださいませ。

受験に失敗する者は、過去の合格ラインの点数や受験者数の推移などに、やたらと詳しい、、、そんな問題でないのに。。。

1問目|国土利用計画法(平成18年/問17)

国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する各記述に〇✕で答えよ

1.土地売買等の契約を締結した場合には、当事者のうち当該契約による権利取得者は、その契約に係る土地の登記を完了した日から起算して2週間以内に、事後届出を行わなければならない。

【答えはココをクリック】

✕-契約を締結した日から起算して2週間以内

2.注視区域又は監視区域に所在する土地について、土地売買等の契約を締結しようとする場合には、国土利用計画法第27条の4又は同法第27条の7の事前届出が必要であるが、当該契約が一定の要件を満たすときは事後届出も必要である。

【答えはココをクリック】

✕-事前届け出のみ。

3.都道府県知事は、事後届出があった場合において、その届出書に記載された土地に関する権利の移転等の対価の額が土地に関する権利の相当な価額に照らし著しく適正を欠くときは、当該対価の額について必要な変更をすべきことを勧告することができる。

【答えはココをクリック】

✕-事後届出の場合、勧告の対象となるのは土地の利用目的のみ。対価の額について勧告することはできない。

4.事後届出が必要な土地売買等の契約を締結したにもかかわらず、所定の期間内にこの届出をしなかった者は、6月以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられる。

【答えはココをクリック】

2問目|宅地造成等規制法(平成21年/問20)

宅地造成等規制法に関する各記述に〇✕で答えよ。なお、この問における都道府県知事とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市、特例市にあってはその長をいう

1.都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地で宅地造成に伴う災害の防止のため必要な擁壁が設置されておらず、これを放置するときは宅地造成に伴う災害の発生の恐れが大きいと認められるものがある場合、一定の限度のもとに、当該宅地の所有者、管理者又は占有者に対して、擁壁の設置を行うことを命ずることができる。

【答えはココをクリック】

2.宅地造成工事規制区域内において、切土であって、当該切土をする土地の面積が400平方メートルで、かつ、高さ1mの崖(がけ)を生ずることとなるものに関する工事を行う場合には、都市計画法第29条第1項又は第2項の許可を受けて行われる当該許可の内容に適合した工事を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。

【答えはココをクリック】


許可が必要となる宅地造成は、
①切土で2m超の崖を生じるもの
②盛土で1m超の崖を生じるもの
③切土盛土を合わせて2m超の崖を生じるもの
④切土盛土する土地面積が500㎡超
の4種類。よって許可不要

3.都道府県は、宅地造成工事規制区域の指定のために行う測量又は調査のため他人の占有する土地に立ち入ったことにより他人に損失を与えた場合においては、その損失を受けた者に対して、通常生ずべき損失を補償しなければならない。

【答えはココをクリック】

4.宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事について許可をする都道府県知事は、当該許可に、工事の施行に伴う災害を防止するために必要な条件を付することができる。

【答えはココをクリック】

3問目|土地区画整理法(平成21年/問21)

土地区画整理法に関する各記述に〇✕で答えよ

1.土地区画整理事業の施行者は、換地処分を行う前において、換地計画に基づき換地処分を行うため必要がある場合においては、施行地区内の宅地について仮換地を指定することができる。

【答えはココをクリック】

2.仮換地が指定された場合においては、従前の宅地について権原に基づき使用し、又は収益することができる者は、仮換地の指定の効力発生の日から換地処分の公告がある日まで、仮換地について、従前の宅地について有する権利の内容である使用又は収益と同じ使用又は収益をすることができる。

【答えはココをクリック】

3.土地区画整理事業の施行者は、施行地区内の宅地について換地処分を行うため、換地計画を定めなければならない。この場合において、当該施行者が土地区画整理組合であるときは、その換地計画について都道府県知事及び市町村長の認可を受けなければならない。

【答えはココをクリック】

✕-市町村長の認可は不要。

4.換地処分の公告があった場合においては、換地計画において定められた換地は、その公告があった日の翌日から従前の宅地とみなされ、換地計画において換地を定めなかった従前の宅地について存する権利は、その公告があった日が終了した時において消滅する。

【答えはココをクリック】

4問目|農地法(平成21年/問22)

農地法(以下この問において「法」という。)に関する各記述に〇✕で答えよ

1.土地区画整理法に基づく土地区画整理事業により道路を建設するために、農地を転用しようとする者は、法第4条第1項の許可を受けなければならない。

【答えはココをクリック】

✕-4条の許可は不要。

2.農業者が住宅の改築に必要な資金を銀行から借りるため、自己所有の農地に抵当権を設定する場合には、法第3条第1項の許可を受けなければならない。

【答えはココをクリック】

✕-3条許可は所有権の移転、賃借権等の設定・移転の際に必要。抵当権設定は許可不要。

3.市街化区域内において2ha(ヘクタール)の農地を住宅建設のために取得する者は、法第5条第1項の都道府県知事の許可を受けなければならない。

【答えはココをクリック】

✕-面積にかかわらず、あらかじめ農業委員会に届出。5条の許可は不要。

4.都道府県知事は、法第5条第1項の許可を要する農地取得について、その許可を受けずに農地の転用を行った者に対して、必要な限度において原状回復を命ずることができる。

【答えはココをクリック】


 

死守する10問の20日目

死守する10問の一覧

宅建攻略法の目次一覧

もへじが北九州でやっている事業

❶新築の建売りが安く買える店【㈲みどり不動産|北九州】

❷馬肉100%メンチカツのお店【馬九|北九州】

❸あなたにあったお店がココに!【チェッキュー|北九州】

-全ての投稿, 宅建で死守する10問

Copyright© もへじのお部屋 , 2019 All Rights Reserved.