ジョーク物語10

ジョーク物語 全ての投稿

《連載》ユーモア村のジョーク物語〈第10話〉

2019年11月6日

続きものですので、初めての方は「第1話:上下関係」からどうぞ🎵

〈第10話〉知らないのはどっち?

ユーモア村では、日本のように小中高等学校などのような制度はなく、ひとつの学校で6歳から19歳まで過ごしていた。

― そんなある日のこと ―

今日はポカポカ陽気ということで、カルキンのクラスは校庭に出て授業をすることになった。

校庭の隅に大きな木が立っており、そこに黒板を掲げての授業だ。

まぁ、のんびりとした学校だ。

ポカポカ陽気ということもあり、案の定カルキンは、うたた寝をしながら授業を聞いていのだが、何やら低学年のクラスから、ウィット村からやってきた新任の先生と、男の子の生徒の声が聞こえてきた。

「キミのお父さんが、ミカンを5つ持っていたとして、それを3つ人に1つづつあげると、お父さんが持っているミカンはいくつになるのかな?」

「5つです」

カルキンは、うたた寝をしながら、

(プッ!こんな簡単な問題もわかんねぇのかよ)

と、うつらうつらしながら笑っていた。

「ウォッホン!もう一度聞くぞ!…キミのお父さんが、ミカンを5つ持っていたとして、それを3つ人に1tづつあげると、お父さんが持っているミカンはいくつになるのかな?」

「5つです」

先生は少し怒ったように問題を出していたが、答える生徒はふざけている様子でもない・・・

「う~む・・・前任の先生から、キミの通知表や引き継ぎ書を見せてもらったのだが、抜群に成績が良いではないか…このくらいの算数の問題は知らないはずがない。キミは私をからかっているのか?」

「いえ、ボクは先生をからかったりしません」

「では、本当に算数を知らないのか?」

疑ってかかる新任の先生に、その生徒は少し悲しい表情を浮かべて、こう答えた。

「算数なら良く知ってます。でも先生は、ボクのお父さんのことは知らないでしょ・・・」

*****

カルキンが目を開けて、その男の子を確認すると、その少年は…

ゴンザの弟ホークスだった…

おしまい。。。


第11話「不思議な切手」

ユーモア村のジョーク物語の目次一覧

おまけ:愛猫ルーのつぶやき

ルー10

ではまた。。。

もへじが北九州でやっている事業

❶新築の建売りが安く買える店【㈲みどり不動産|北九州】

❷馬肉100%メンチカツのお店【馬九|北九州】

❸あなたにあったお店がココに!【チェッキュー|北九州】

-ジョーク物語, 全ての投稿

Copyright© もへじのお部屋 , 2019 All Rights Reserved.