宅建攻略法10

宅建攻略法 全ての投稿

【2020宅建攻略法】試験はどの問題から解けばいいのか?

試験が始まって、いきなりの難問にパニック!。

この《STEP.10》では、世間で広まっている間違った方法を正し、パニックを起こさない方法を解説します。

この問題から解け!という情報はいい加減⁉

こんにちは!。もへじです(@midorihudousan

とうとう最終回になりました。

これまで、長々と読みにくい文章を書いてきましたが、お付き合いくださりありがとうございました。

本来、このSTEP.10は「宅建の通信講座の選び方」だったのですが、ここまで読んでくださった方への感謝や御礼...といっては何ですが、ネット上で出回っている「試験は、どの問題から解けばいいのか?」について、あまりにも酷い情報が出回っているので、正しいやり方を説明します。

それともうひとつ、「権利関係」についての考え方も補足しておきますネ。

(番外編の「宅建の通信講座の選び方」は下記にリンクを貼っておきますネ)

いい加減なこと書いてるよなぁ~、、、

ここからは、少し毒舌が入りますのでご了承ください。

ネット上で出回っている情報では、

・統計問題から解け!
・自分が得意な分野から解け!

という記事をよく見かけます。

というより、そんな記事が99%です。

その理由としては、

最初に権利関係から解くと、難しいからパニックを起こす

まずは易しい問題から解いて緊張をほぐす

といった感じばかりですね、、、

もうハッキリ言っておきます。

いい加減なことをもっともらしく書いてんな…ダメだこりゃ

です!

最後の落とし穴

試験でパニくらないように簡単な問題、得意な分野から解きましょう!

⇧コレを聞いて「なるほど、そうだよな」と思う方がほとんどのハズです。

そして、それを実践して落とし穴にはまり、余計にパニックを起こした方がなんと多いことか…

※一応、200人以上の受験者を見てきたと書いてますが、実際は300人以上見てきました。その聞き取りの結果、このいい加減なアドバイス記事通りにやって失敗した人って、かなり多いんですよ。

宅建攻略法を読んだ方は、絶対にこの落とし穴にはまらないで下さいね。

それでは、なぜそのことが落とし穴になるのかを説明します。

(※統計問題を先に解くことは異論はありません。私自身、試験のときは試験会場に着いてから統計を勉強したのですが、短期記憶は忘れやすので統計問題から解きました)

統計問題はあまりにも簡単なため、統計問題を先に解くことには異論はありません。

ですが、これを読んでいるあなたは宅建業法が得意分野だと仮定して、次の文章を読んでみてください。

試験が始まりました。

ネット上の「得意な分野や簡単な問題から解く」というのを実践。

得意な分野は宅建業法なので、宅建業法から解きはじめました。

ですが・・・

宅建業法の1問目が、難解で難問だったら…!

⇧いかがですか?

得意な分野で、最初の1問目からパニックを起こすのではないでしょうか?

しかも、このパニックは、

  1. どうしよう、宅建業法は8割以上正答しなくちゃいけないのに…
  2. このあと、半分しか得点できない難しい分野の権利関係があるのに…
  3. 宅建業法の1問目でこんなに難しいなら、この先も...

という感じで、パニックの負の連鎖を起こしてしまうのではないでしょうか。

この負の連鎖は、試験終了まで尾を引くので非常にマズイのです。

先ほど述べたように、実際に私が見てきた受験生で、このパニックに陥った方がたくさんいました。

笑いが出るほどたくさんです。

試験というのは、開始直後は誰でも緊張しています。

その緊張を解きほぐし、試験問題に集中できる状態に持っていくことが望ましいのですが、ネット上のいい加減なアドバイスのせいで、最悪のパニック状態…

いい加減なアドバイス記事には、ホントに呆れます。

でもまぁ、怒っていてもしょうがないので、この負の連鎖に陥らない方法を説明しますネ。

権利関係から解け!

いきなり結論から書いてしまいましたが、宅建試験は権利関係から解くのがベストです!

えっ、、、難しいからパニックを起こすんじゃ???

と思った方、これからチャンと説明します。

大きく分けて2つありますので、順を追って解き明かします。

①4択を最大限に利用せよ!

冒頭で「権利関係についての考え方」も補足すると述べましたので、そこから説明します。

以前「STEP.04-権利関係の攻略」を書きましたが、その補足というか何というか、試験における権利関係を解くときの考え方を説明します。

(※なぜSTEP.04で書かなかったのかは、最初に申し上げたように「ここまで読んでくださった方への感謝や御礼」です。ホントにありがとうです)

権利関係の攻略で述べたように、権利関係は14問中7問くらいしか正答できない難しい分野です。

でもしかしです。

宅建の試験は4択(四肢択一)でしたよね。

ということは、適当に〇を付けても、25%(4分の1)の確率で正解できるんです。

14問×25%=3.5問

ということは、権利関係は目をつぶってても、3問~4問は正解できるんです。

権利関係については、この確率のことを考えて試験に挑むと、精神的に非常に楽になります。

では、どういう考えで試験に挑むのか?ですが、

権利関係は2択に絞れればOK!

⇧この考えで挑んでください。

もうピンと来た方もいると思いますが、そうなんです!

2択に絞る⇨50%(2分の1)で正解

14問×50%=7問正解できる

⇧いかがですか?

確率であるとはいえ、目標得点である7点が取れますよネ。

なんだその運を天に任せるようなアドバイスは!(怒)

と怒る方もいると思いますが、かなり大真面目です。

というのも、この2択に絞るというやり方は、解答解法テクニックでいえば「消去法」にあたる立派な戦術です。

宅建業法や法令制限などの記憶がメインの分野では、消去法ではなくピンポイントで正答を導き出すのが良いのですが、民法などのような理屈で解く問題は消去法が適している場合が多いのです。

あなたが宅建攻略法のSTEP.01~STEP.10までを読み、攻略法通りに権利関係をこなしてきたのなら、ほぼほぼ2択に絞ることは可能になっているハズです。

大丈夫です。自信を持ってください。

権利関係は難しいと感じた問題は2択に絞る!

大真面目な攻略法です。

試験攻略ポイント①

2択に絞ればOK!

精神的に楽

試験開始直後の緊張がほぐれる

試験問題に集中できる

⇧この流れを作ることが大事。

②難しいからこそパニックにならない!

人は、普段と違ったことが起きたり、予想外のことが起こると、パニックを起こします。
(トラウマとかそんなのは別問題です)

流れで言うと、

宅建業法は得意

宅建教法から解く

1問目が難解難問だった

パニック!

でしたよね。

ですが、権利関係だとどうでしょうか?

いきなりですが、ポイントで説明します⇩

試験攻略ポイント②

権利関係は苦手、難しい

権利関係から解く

1問目は、やっぱり難しい

当たり前のことが起きている

パニックにならない!

試験に集中できる

⇧この流れになるハズです。というより、この流れにしてください!

宅建試験は権利関係から解くと、このような理由でパニックにならないのです。

この世に、当たり前のことが当たり前に起きてパニックになる人は皆無です。

ですから、当たり前のことが当たり前に起きると考え、更に①で述べた2択に絞ることを加えて考えれば、パニックを回避できると同時に、精神的なプレッシャーもかなり軽くなるので、より試験に集中できるようになるのです。

是非とも活用してください。

※独学ですが、かれこれ30年以上、心理学を勉強してきましたので、いい加減なことを適当に書いているワケではないので安心してくださいませ。

その他の試験アドバイス

各分野の最初の1問目は時間をかけて解くこと。

⇧これに尽きます!

最初は権利関係から解きますが、最初の1問目は上記で述べたことを意識しても、やはり緊張します。

(統計問題が1問目でもOKですよ)

だからこそ、時間をかけて、ゆっくりと解いてください。

だいたい3問目くらいで、いつもの集中した権利関係の頭になるので大丈夫です。


続いて、法令制限や宅建業法に入って行くのですが、各分野とも必ず1問目は時間をかけて解いてください。

というのも、権利関係から法令制限に問題が切り替わったときは、あなたの頭はまだ権利関係の頭なので、法令制限の問題を読んでも頭に入ってきません。

問題文が頭に入ってこないからといって、パニックを起こさないでください。

当たり前のことが当たり前に起きているだけです。

あなたの頭が、権利関係の頭から法令制限の頭に切り替わるまで、ゆっくりと時間をかけて解いてください。

実際の試験本番のときは、「あッ!宅建攻略法で言ってた通りだ。ゆっくり解こう」と思ってください。(かなり落ち着くハズです)

問題が各分野に切り替わったときは、このように考えて対処してくださいませね。

しかしです。

ゆっくり解いていたら、時間が…

と心配になると思いますので、その時間配分について少し解説します。

死守する10問の威力!

では、宅建試験における時間配分を見てみましょう。

宅建の試験時間は2時間(120分)

宅建の試験問題数は50問

ということは、1問当たり

120÷50=2分24秒です。

宅建業法や法令制限等は、暗記物なので2分程度で解けるのですが、でもしかし、1問にかけることが出来る時間が2分24秒って、チョット少ないと感じますよね。

特に、権利関係はゴチャゴチャしてるし、最初の1問目だけでなく、3問目くらいまでは緊張が解けないので、1問3分以上は欲しいところです。

ですがです!

この宅建攻略法の死守する10問をやり込んでいれば大丈夫!

やり込んだ方は、この10問は10分で解けます!

ウソじゃありません。ホントの話です。

死守する10問の説明では「10問中9問は確実に取れる」とだけしか書いておりませんでした。

これはこれで威力があるのですが、実はもう一つ、「時間攻略」という威力も持ち合わせているのです。

死守する10問をやり込んでおけば、土地や建物の問題なら、2問合わせて30秒で解けますし、その他も1分以内で解けます!

死守する10問のところでも書きましたが、ホントにこの10問は定型パターンなのです。

では、死守する10問を10分で解いた場合の時間配分の計算をしてみましょう。

試験時間(120分-10分=110分)

問題数(50問-10問=40問)

110分÷40問=2分45秒

先ほどの計算と比較すると、

2分45秒-2分24秒=21秒

21秒の余裕が出来たことになります。

たった21秒…???

と思うかもしれませんが、21秒というのは「一肢をじっくり考えることが出来る時間が出来た」ということなのです。

21秒って、とっても美味しいのです。

是非とも死守する10問をやり込んでくださいませ。

(※死守する10問トレーニングは、試験日までに最低5回転、出来れば10回転やってください)

最後に

STEP.01~STEP.10まで、読みにくい文章にお付き合いくださり、ホントにありがとうです。

宅建の勉強方法というのは、たくさんありそうですが、実はひとつしかありません。

それは「自分で決めたことをコツコツ毎日やり続けること」だけです。

⇧コレしかないんです。ホントに!

ということで、みんながハマる落とし穴を説明して終わりますネ。

(さっき最後の落とし穴って書いてただろッ!ってのはご勘弁)

みんながハマる落とし穴

みんながハマる落とし穴…

それは...

詳しすぎるサイトはNG!

宅建攻略法の主旨を理解している方なら、簡単に理解できますよネ。

そうです!。詳しすぎるサイトというのは・・・

説明不要ですネ。

ということで、終わりましょう!

【おわりに】

あなたが2020年度(令和2年)の宅建試験に合格し、もう2度とこのページを開かなくなることを願っています。

もへじ

ではでは。。。


宅建攻略法の目次一覧

⇩番外編⇩通信講座の選び方⇩

宅建通信講座
【2020宅建】通信講座21選/失敗しない選び方を教えます。

不動産業に携わって20年以上、宅建受験の失敗者200人以上を見てきた「もへじ」と言います。この通信講座の選び方は、宅建攻略法STEP.01~10の番外編ですが、宅建の通信講座を選ぶときに気を付けること ...

続きを見る

もへじが北九州でやっている事業

❶新築の建売りが安く買える店【㈲みどり不動産|北九州】

❷馬肉100%メンチカツのお店【馬九|北九州】

❸あなたにあったお店がココに!【チェッキュー|北九州】

-宅建攻略法, 全ての投稿

© 2020 もへじのお部屋